# 歌013

戦争状態は道徳を宙吊りにする。戦争状態は、いつの世も変わらず永遠だとされた制度や義務から永遠性を剝ぎとり、それによって無条件的な命法をすべて一時的に無効にする。戦争状態は、人間の行為にあらかじめ影を落とす。戦争は単に道徳が生きるかてにする試練の一つに——最大の試練として——数えられるだけではない。戦争は道徳を笑いの種にしてしまうのだ。
(『全体性と無限』著:エマニュエル・レヴィナス、訳:藤岡俊博、講談社学術文庫、2020、Kindle版No.69)

 戦争についてかんがえるときまずは上記のフレーズをおもいだすようにしている。 つづく引用部ではつぎのようにも書かれる。
「戦争は、なんびともそこから距離をとることのできない秩序を創設する。だから、外部にあるものはなにもない。戦争は外部性を現出させるわけでも、他なるものを他なるものとして現出させるわけでもない。戦争は、〈同〉の自己同一性を破壊するのだ。」「全体性のなかでは、個体は、知らずに自分に命令を下してくる諸力の担い手に還元されてしまう。」

 ひとたび〈戦争状態〉が生じたあと、その〈外部〉に立つものはだれもいない。〈戦地〉をとおくはなれてすまうひとびとにも、〈戦争状態〉にどのような態度をしめすのか、という選択がたえず迫られる。われわれの住まいが〈戦地〉になる可能性すらたえない。沈黙は〈戦争状態〉にたいする暗黙の同意とみなされるだろう。だから、未来の審判者にたいするエクスキューズとして、ひとびとや組織は、戦争反対の声明を発しなければならないねばならない、われわれにたいしてこの強制力をはたらかせる未来の審判者とは、〈戦争状態〉の産物であり、〈戦争状態〉の代理人ですらあるのではないか。

 〈戦争状態〉がありうるからこそ、ねばならない、の強制力により、われわれの自由はおびやかされる。われわれの自由をむしばもうとする強制力に抗するため、つまりへんな言い方になるが、もはや戦争反対とさけばなくてもよくなるために、われわれは〈戦争状態〉に反対しなければならないのだろう。

戦争のおわりのおわりがおわりつつある春天をわたる鳥 無し

# 歌011

 さいきんは彫刻にきょうみがあり、彫刻の本をよんだりしている。
 ほんとうは本ではなくてじっさいの彫刻をみにゆきたいのだけれども、冬の彫刻はゆきにうもれ、わたしたちにはなにもみえない。
 もうすこししたら春になるが、春の彫刻もまだつめたく、ひとのてざわりをきびしくこばむだろう。
 夏の彫刻はどうだろうか。
 夏の彫刻をみるまでは、とおもった。

めにみえるもののすべてが雪でありたましいであり彫刻だった

# 歌010

まちをあるく こころかるく だれかにあえる このみちで かわいい きみに こえを かけて こんにちは ぼくと しにましょう


わたしたちしんでいるのにいきているみたい/なにかを嘔きだす浅蜊

# 歌009

 目に見えないもの、触れることができないものに、〈彫刻〉という目に見える形、触れることのできる形を与えることが、僕の仕事です。
 精神が形を求める。形が精神に生み出される。精神と物体を融合させる。そして、心を形にする。抽象的な形は、見る者が自分の感情を投影できるという意味で、鏡のようなものなのです。不可視のものが宿った形は、別次元へと誘うきっかけとなると思うのです。
(『安田侃、魂の彫刻家』彩草じん子,2005,pp.15-16)


 モニュメントを建てるときに三つの条件があって、ひとつは建てる理由にふさわしいもの、二つ目はふさわしい環境、三つ目はそれを、ずーっと見守る人たちが住んでいるかどうかなんです。(中略)でも、あと何十年か何百年か経ってそこに眠る人のことを誰もしらない時代が来たときに、このモニュメントはどうなっているのかね。邪魔だからどかしちゃおうとなるのか、ずっと大切に守られ続けてゆくのか、どっちだろうね。 (同,pp.47-48)


にんげんのせかいはこわい手をおけばそこからとけてゆくゆきの像

# 歌007

前の文章もそうなのだが、意味のとおる文章を書けばいいのに、そうしようとすると文体がもたついてしまって、つい断片的な書き方をしてしまう。それでいてわたしの文章はまわりくどい。いたずらに暗示的で、核心がみえず、読みにくい。
「暗示的」ということにはメリットもある。「暗示」は詩の多義性を確保するもっともかんたんな方法のひとつだ。判断を読者にゆだね、さまざまなことを「言ってもいるし言わないでもいる」状態に留保する。吉本隆明はかつて『重層的な非決定』とのべた。よい意味でもわるい意味でもずるい態度だ。
一方で「明示的」なものはシンプルにつよい。好かれやすい。ひとを動員するためには「明示的」なものほど効率がよい。ゆえに失敗もしやすいのだが。

わたしの兄はかつてわたしの兄でした声をもたない小鳩のような

短歌でいえばナンセンス(無意味)なものをしばしば好んでよんでしまう。「わたしの兄はわたしの兄でした」のトートロジーや、「いつの日か子供のころに抜け殻の犬をあつめる遊びをしよう」の語義矛盾など。ナンセンスの遊び(探究)をやめるつもりはないが、それだけでは行き詰まってしまうともおもう。